ケガ・外傷しっかりと対応できる治療院ネットワークをつくります

理事長あいさつ

皆さんこんにちは。鈴鹿市で接骨院と介護施設を経営する「おおえのきトータルヘルスケア」の院長、大榎良則です。

私は名古屋で当協会の前身である外傷に特化した日本で唯一のセミナーであるギプス塾を主宰しています。

少人数制で外傷スキルが完全習得できるよう、塾卒業時は外傷スキル習得確認の実技審査を行い、合格した院の認定をし、国民が安心してケガの治療ができる本物の柔整師を育成してきました。

当院も年間80-90件以上・整復ギプス固定を施行し、外傷が来る院を作りました。
現在も周辺79人の医師と連携し、また介護事業所(デイサービス・居宅介護支援事業所)も併設しており地域の医療・介護福祉の微力なれど尽くしています。

当院も、毎日外来患者様、介護施設利用様、訪問鍼灸・マッサージ患者様と施術していますが、開業当時から当院も順調にきたわけではなく、医師連携、県下初併設介護事業所設立、外傷が来る院づくりには膨大な時間と苦労を経験しました。

そのような経験から、手っ取り早いから、経営が安定するからと患者様をないがしろにした、自分本位の考えに偏よった過剰な集客ノウハウ、小手先のノウハウはせず、自分の信念を貫き現在の状況まで持っていきました。

私が遠回りし、時には胃に穴が空くほど考え、悩んだ道を後進がわざわざ通る必要のないように、自分がしてきたように胸が張れる正しい接骨院の繁栄する運営の仕方、柔整師としての高度な技術・知識それとプライドのある仕事を伝えたい!!

そして全国の素晴らしい先生とつながりを持ち、プラスのことを吸収してお互い成長しつづけたい!!そんな気持ちです。

正直者が馬鹿を見る・・・私の嫌いな言葉ですが現実にはこの業界もあてはまります。

全国で真面目に院経営、柔整師業務をされている先生方は少しのアドバイス、ワンランク上のスキルを習得するだけで、がらりと変わります。

なぜなら、患者様に対するケガを治したい純粋な思いと、正当な技術を持っているからです。 そんな全国の先生は孤独で、こつこつ仕事をし、毎日を必死に頑張る為、情報が入らないため、周りをみて立ち止まったり、相談できる仲間や時間がありません。

私は、患者様のために一生懸命治す気持ちを持った先生を応援するように、次世代の社団法人協会の設立をして、僭越ではございますが理事長に就任させていただくことになりました。

今後の柔整師界において極めて重要な活動であると確信しておりますので、会員の先生方にもご理解をいただき質の高い、情熱を持ち続ける事ができる柔整業務を目指し進めてまいります。

TOPへ戻る

ケガ・外傷治療なら認定接骨院・整骨院へ

ギプス塾 腰痛塾

日本柔整外傷協会オススメサイト

↑ギプスの材料を安く購入できる会社。
自社製品もあり安価に購入できます。


↑超音波エコーの会社
無料セミナーもありアフターケアもバッチリです。日本柔整外傷協会推薦!
おおえのき接骨院でも使っています。


↑凜座・首ストレッチャーなど取り扱っている会社。


↑おおえのき接骨院 品川院のHPを作成して頂きました。


↑当協会モデルのエコーを販売しています。
購入者限定無料講習、マニュアルもあります。


↑当協会モデルのトムソンベッドを販売しています。
購入者特典として腰痛塾優先&割引受講、 ゼニス440活用術講習会無料です。