ケガ・外傷しっかりと対応できる治療院ネットワークをつくります

活動内容

一般社団法人「日本柔整外傷協会」では定期的に、セミナーや勉強会を開催していきます。
また、おおえのき接骨院主催で行う「ギプス塾」にご招待することもあります。

ギプス塾とは?

柔道整復師であるのに「外傷がみれない」・・・そんな先生が増えています。

そんな先生が今後も増え続けると、業界全体のレベルの低下、患者様からの不信感、医師会からの批判、同業者同士のお客の取り合い、そして苦しい経営からコンプライアンスが欠如し、最悪の場合、柔道整復師としての仕事を行うことができなくなる時代になるかもしれません。

私たちが本当に戦わなければいけない相手は何ですか?
同業者の接骨院?鍼灸院?
整体やカイロ、リラクゼーション?
整形外科や病院?

全て違います。

私たち柔道整復師は患者様の疾患・ケガと戦うのです。大切な患者様の痛みを取り除き、患者様のニーズに応え、患者様の笑顔をもらい、ありがとうと言われるのが最大の目的なのです。
それにより、まっとうな対価(収入)をいただき、健全な接骨院運営をしていくことです。

このように先生方が今の状態から抜け出し、自信を持って「私は柔道整復師です!!」と言える業務・仕事ができるよう、外傷治療の技術・ノウハウを身につけてほしいという思いから、このギプス塾を開催しているのです。

私たちが外傷治療を身につけなければいけない理由

昨今、EBMのない治療法や怪しい治療法、柔整師としての業務に反している療法を行う接骨院が増えており、患者様は接骨院と他の施設との線引きが分からなくなっています。
この先、この業界がこのまま衰退していくのをただ見ているのではなく、変えていくことが大切です。
先ほども言いましたが、私たちが戦う相手は同業者でも他の施設でもなく、医師でもないのです。患者様のケガを治すということです。

ですから、この柔整師として本来の業務である外傷治療の最強・最高の治療法・手技を柔道整復師である以上、必ず身につけなければなりません。

もし今、あなたの院に骨折や靱帯損傷、ひどい内出血、あるいは立つこともできない状態、骨折の疑いのある激痛を持っている患者様が訪れたら、あなたはきちんと正しい処置(診ること)ができますか?
何もしないで「すぐに病院へ行くように」と言ってはいないですか?

接骨院に来るなり、「うちでは診ることができないので・・・」と応急処置も何もせずに病院へ行くことを勧めたりしたら、その方はこの先生にこれから診てもらいたいと思うでしょうか?
「看板や入り口に『骨折・外傷』って書いてあるのに・・・」と不信感を抱かせてしまうでしょう。

一時的に売上をアップさせることは可能です。
経営ノウハウや今はやりの療法などを取り入れれば増患が見込めるでしょうが、果たして5年10年30年と経っても使えるでしょうか?
簡単に習得できるということはそれだけ他院も取り入れやすくすぐに廃れてしまいますし、ネット集客や事故患者集客ノウハウもお金を出せば業者がやってくれますから皆今後は業者に頼むことになるでしょう。

しかし、外傷治療の技術は柔道整復師という免許が存在している限り今後何十年と確実に100%残ります。法律的にも接骨院はケガを治すところであり、外傷(けが)の施術しか保険が使えません。

先生方が、本気でこのスキルを手にいれなくてはならない理由が分かっていただけたら嬉しいです。

どうして、ギプス固定なのか

それは、私が日本一ギプスおおえのき式ギプス固定術の開発者だからです。

このギプス巻きの技術・理論は私にしかできなく、また鑑定診断付きのギプスセミナーは星の数ほどあるセミナーの中でも日本にはなく、私が広めていくしかないのです。

この最強・最高スキルは経営ノウハウ、小手先の収益モデル、誰でも一日でできる○○式とは違います。
しかし、このギプス固定術、鑑別診断術、それを取り入れた接骨院経営方法は一生の財産であり、これからも活用していくことができます。
また、今後先生の院がたくさんの弟子を輩出する際、このスキルを身につけていれば弟子に伝えていくことができます。
ただのマッサージもどき、整体矯正、慢性レセプトの扱いを教えるくらいなら、このスキルを院で手に入れ、スタッフに伝えていくことがオーナー先生の役目であり、柔整師としてのプライドです。

柔整保存療法最高・最強治療法である鑑別診断スキルと日本一ギプスおおえのき式ギプス固定術の講座、全3時間×7回で認定試験があり、巻けるまで大榎が全力で本気のサポートします。

ギプス巻きにセンスはいりません。指導したコツ通りに行えば必ず巻ける、最強・最高の術です。

先生はこの手技を買うのではなく、私が20年間試行錯誤し、いろいろな時間を犠牲にして考えた最高の手技を完成させた時間を買うのです。
つまり、20年間を買う価値です。

時間を買えば時間短縮でき、大幅に成功に近づきますし、死ぬほど苦労しなくてもよいのです。また、消耗品ではなく、一生の院の財産であり、柔整師としてのプライドを習得できるチャンスです。

整形外科医の言葉に、「ギプスなくして、整形外科なし」と有名な言葉は今現在でも生きています。

ギプス塾 概要

セミナーは3時間×全7回

23年度の実施例

さらに、

特典

これだけつけて、私も真剣に伝授します。
よくある安っぽいセミナーのプライスダウンや、駆け引きなど一切しません。

一年間、全7回でたった48万円。
しかし、ギプス巻きは相方がいなければ負けませんので、一院最大2人まで参加いただくことができます。
(ただし、他院の先生とのシェアはダメです)

ひとりあたま24万円の価格です。
これで私の20年の時間と一生使える技術と輝けるプライド・自信を手にする事ができます。

ギプス塾推薦の声

TOPへ戻る

ケガ・外傷治療なら認定接骨院・整骨院へ

ギプス塾 腰痛塾

日本柔整外傷協会オススメサイト

↑ギプスの材料を安く購入できる会社。
自社製品もあり安価に購入できます。


↑超音波エコーの会社
無料セミナーもありアフターケアもバッチリです。日本柔整外傷協会推薦!
おおえのき接骨院でも使っています。


↑凜座・首ストレッチャーなど取り扱っている会社。


↑おおえのき接骨院 品川院のHPを作成して頂きました。


↑当協会モデルのエコーを販売しています。
購入者限定無料講習、マニュアルもあります。


↑当協会モデルのトムソンベッドを販売しています。
購入者特典として腰痛塾優先&割引受講、 ゼニス440活用術講習会無料です。